2014  1  No.465

 
新年のご挨拶      
 理事長 石津 博康


特別寄稿
  2014年度の経済見通し       嶋中 雄二
        

調査
  2013・2014年度 山口県の経済見通し

 
や ま ぐ ち の シ ン ボ リ ッ ク な 建 造 物
川棚の杜
施設外観
施設外観
大交流室(コルトーホール)

大交流室(コルトーホール)
(写真提供:下関市川棚温泉交流センター)

 20世紀前半のフランスを代表する大ピアニスト、 アルフレッド・コルトーが愛したという川棚には、海・山・湯が織りなす風土や歴史、文化が息づいている。 川棚の杜(正式名称:下関市川棚温泉交流センター)は、そんな地域の質や伝統を見直し、 新たなまちづくりに取り組むための交流拠点として、2010年1月にオープンした。
 設計は、世界的に活躍する建築家、隈研吾氏。山あいのランドスケープに溶け込む多面体形式の 建築は、豊かな自然と呼応するような有機的な造りになっており、自然と人との共生がまちづくり の根底にあることを感じさせる。
 施設には、地域の暮らしや文化をコレクションする資料館のほか、コルトーの名にちなんだ大交 流室「コルトーホール」が設けられており、国内外のアーティストを招いた音楽祭の開催など、多彩な交流イベントを展開している。
地図