2017  4  No.504

調査
  山口県民の消費生活の実態
   〜山口県民アンケート調査結果・第1部〜


地域ニュース
  TWILIGHT EXPRESS 瑞風が運ぶ新たな観光の風


法律のワンポイント解説
  ネットでのトラブル

           弁護士 山元浩
 
山口県内にある美術館
山口県立萩美術館・浦上記念館
喜多川歌麿「見立妹背山 (みたていもせやま)」
(写真提供:山口県立萩美術館・浦上記念館)

山口県立萩美術館・浦上記念館外観

 山口県立萩美術館・浦上記念館は、県内有数の観光地・萩の中心部に位置する。同市出身の実業家、浦上敏朗氏から県に一括寄贈された浮世絵と東洋陶磁を収蔵し、1996年10月に開館。浮世絵は、喜多川歌麿をはじめ葛飾北斎、歌川広重など江戸時代を代表する浮世絵師の名品を多数所蔵する。外国人観光客向旅行ガイドブック「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」では、県内で「錦帯橋」と並んで二つ星の観光施設(寄り道する価値がある)として紹介されている。
 表紙写真の「見立妹背山」は江戸時代後期に活躍した浮世絵師喜多川歌麿の作品。浄瑠璃、歌舞伎の傑作『妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)』の名場面、三段目(山の段)を題材としている。