2009 5 No.409


水産資源を活用した機能性食品開発の現状


アンケート調査
  山口県内景気はいつ底を打つのか
  −山口県内企業景気底入れ時期等アンケート結果より−


企業紹介(57)
  株式会社木原製作所

      

  鉄橋を渡るSL「やまぐち」号
や ま ぐ ち の 乗 り 物
 
SL「やまぐち」号

 SL「やまぐち」号は、山口線の新山口駅〜津和野駅間を運行する臨時快速列車(主に土日祭日運行)。国鉄での蒸気機関車(SL)列車の運転は1975年で終了していたが、多くの人からSL列車復活の要望が国鉄に寄せられ、SL「やまぐち」号の運行が1979年8月1日に始まった。客車は本列車専用で、最後尾の客車には開放式の展望デッキが設けられている。  SL独特の重量感ある走行に加え、山口線沿線の田園風景も楽しめるので行楽シーズンには満席となる。昨年の乗客数は、7月〜9月に「おいでませ山口デスティネーションキャンペーン」が開催されたこともあって7万人を超え、復活運転からの累計では180万人を超えた。
 今年は、SL「やまぐち」号の復活運転30周年。3月28日〜 11月23日の間に86日の運行が予定されており、8月1日の復活記念日には復活当時を 再現した特別運転などが計画されている。

:最後尾客車の展望デッキ
最後尾客車の展望デッキ