2009 8 No.412


山口県における企業立地の現状と今後の促進策


企業紹介(59)
  旭酒造株式会社


地域ニュース
  「楠こもれびの郷」オープン
     
法律のワンポイント解説
  従業員(労働者)の労働時間は適法に
 
 管理していますか
              弁護士 山元 浩
     

  鵜飼遊覧船と鵜飼舟
や ま ぐ ち の 乗 り 物
 
錦帯橋鵜飼遊覧船

 鵜飼舟が鵜飼遊覧船の前に来ると、遊覧船の乗 客からは自然と歓声や拍手が起きる。遊覧船は、鵜飼の様子を間近に見ることができ好評だ。
 岩国錦帯橋の鵜飼は、約400年前に始まった伝統ある風物詩。しかし、2005年の台風14号により、 鵜飼舟や鵜飼遊覧船の大半を失い、存続の危機に直面した。2007年6月、伝統文化を守ろうとの 思いを持った有志が「錦帯橋鵜飼振興株式会社」を設立、鵜飼を救った。
 鵜飼は6月1日〜8月31日に行われる。従来は夕方から行っていたが、昨年から集客数アップの ため土日祝日の昼間にも行うようになった。夕方から行われる「夜鵜飼」は、かがり火の周辺だけが照らし出され、歴史を感じさせる独特の雰囲気 がある。一方の「昼鵜飼」は、鵜飼全体の様子がわかり、同時に錦帯橋周辺の景色も楽しむことができる。

*写真提供:錦帯橋鵜飼振興株式会社

夜鵜飼の様子
夜鵜飼の様子