2010 6 No.422


山口県内企業・設備投資動向調査

県内企業の夏季ボーナス支給状況調査

地域ニュース
 下関市の新しいシンボル「DREAM SHIP」が誕生
    

  柳井市町並み資料館外観
や ま ぐ ち の 近 代 化 遺 産
 
柳井市町並み資料館

 柳井市の「白壁の町並み」の東側にある「柳井 市町並み資料館」は、1907年(明治40年)に周防銀行本店として建築された。現存する明治期の 銀行建築物は国内でも少なく、その重厚な外観は当時の商都・柳井の隆盛を彷彿させる。
 柳井市は、1998年(平成10年)にこの建物の寄贈を受け、2000年(同12年)に「柳井市町並み資料館」として創建当時の姿に改修。同年、資 料館は国登録有形文化財になった。
 資料館の1階では町並み保存地区の町家模型や、柳井市名誉市民の資料等を展示。2階では同市出身で昭和の日本歌謡界に多くの足跡を残した歌手、故松島詩子が長年愛用、所蔵していた衣装やレコード、紅白歌合戦出場トロフィーなどを展示・公開している。

2階に展示してある松島詩子の遺品
2階に展示してある松島詩子の遺品

柳井市町並み資料館