2013  4  No.456

アンケート調査
  山口県民の消費生活の実態
 〜2012年度山口県民アンケート調査結果・第1部〜

アンケート調査

  山口県内企業の上京出張時の交通手段調査

               
法律のワンポイント解説
  親が認知症になった 〜後見人等について

                 弁護士 山元浩
 
や ま ぐ ち の シ ン ボ リ ッ ク な 建 造 物
きらら元気ドーム

きらら元気ドーム外観

きらら元気ドーム外観
きらら元気ドーム内部
きらら元気ドーム内部
 山口きらら博記念公園多目的ドーム(愛称「きらら元気ドーム」)は、2001年(平成13年)に開 催された「山口きらら博(21世紀未来博覧会)」のメインパビリオンとして使われた山口県内初のドーム型屋内運動場。大小2つのドームを一体化 した独特の形をしており、博覧会の跡地にオープンした山口きらら博記念公園のランドマークとなっている。
 愛称は、「山口きらら博」開催時にこのドームで行われた山本寛斎氏プロデュースのライブショー「やまぐち元気伝説」に由来する。  内部には人工芝のフィールドがあり、フットサルやテニス等のスポーツ、展示会、各種見本市、コンサート等が行われている。
地図