2013  12  No.464

調査
  図表でみる2013年山口県経済の回顧
  山口県内企業経営・設備投資動向調査 (11月調査)

        

地域ニュース
  新たな地域資源としてのジビエ
        
法律のワンポイント解説
  名キャッチコピーか虚偽表示か

                弁護士 山元 浩

 
や ま ぐ ち の シ ン ボ リ ッ ク な 建 造 物
岩国錦帯橋空港
岩国錦帯橋空港
旅客・貨物ターミナルビル外観
岩国錦帯橋空港

「光庭」からの様子
(写真提供:岩国空港ビル)

 岩国錦帯橋空港(正式名称:岩国飛行場)は、 米海兵隊岩国航空基地の北端に位置する軍民共用空港で、全日空が米軍の滑走路を利用して羽田線 を1日4往復運航している。昨年の12月13日に開港。この12月3日には、開港1周年を待たずに 搭乗者数が国の年間予測35万人を突破した。
 ターミナルビルは、全ての利用者に優しいユニバーサルデザインで、入場するとビル全体を見渡せるシンプルでコンパクトなつくりになっている。 ビル中央には、自然光が降り注ぐ吹き抜けの「光庭」が設けられており、ガラス壁と相俟って明る く開放的な空間を形作っているのが特徴だ。
 観光やビジネスなどで飛行機を利用する人に加え、展望デッキや県東部の特産品を揃えた売店を 目当てに空港を訪れる人も多く、今では地域の新たな観光スポットにもなっている。
岩国錦帯橋空港