2015  6  No.482


アンケート調査

 山口県内企業経営・設備投資動向調査 (5月調査)


企業紹介(88)
  株式会社澄川酒造場


法律のワンポイント解説
  ブラック企業と呼ばせない

           弁護士 山元浩

 
 
明 治 維 新 ゆ か り の 地
大田・絵堂戦役(美祢市)
金麗社

萩政府軍本陣跡の門

 山口市(小郡)と萩市を結ぶ地域高規格道路「小郡萩道路」。中国自動車道の美祢東JCTからおよそ6キロで大田ICにさしかかり、さらに7キ ロ走ると絵堂ICに到着する。この大田と絵堂は、維新分け目の戦いがあった地としてその名が深く歴史に刻まれている。
 およそ150年前、幕末の長州藩では幕府恭順の保守派が政権を握り、革新派への弾圧を強める中、 吉田松陰の教えを受けた高杉晋作、伊藤俊輔、山県狂介らが率いる諸隊(革新派)がついに立ち上がる。現在の美祢市美東町の大田へと兵を進めた諸隊は金麗社に本陣を置き、絵堂に本陣を構えた萩政府軍(保守派)と10日間にわたる戦闘を繰り 広げた。いわゆる大田・絵堂戦役である。
 「諸隊約500名。対する萩政府軍は約1,200名と兵数では不利だったが、近代兵器を備え農民を味 方につけた諸隊が圧倒的勝利を果たした。これにより藩論は倒幕に統一され、歴史は明治維新に向 けて走り出すことになる。